平成30年12月愛媛県議会一般質問(質問項目)

30.12 ⑫

 今回の災害に際し、被災者の栄養的見地からの健康支援にどう取り組んできたのか。また、大規模災害に備えて支援体制をどう整備していくのか。

  県内の福祉事業所における農福連携を推進するため、県としてどのように取り組んでいるのか。 民間事業所での障がい者雇用の拡大にどのように取り組んでいくのか。

 ダイヤモンド・プリンセスの寄港に向けたソフト面での準備状況はどうか。また、今回の寄港を契機に更なる受入れによる地域活性化にどう取り組むのか。

  国際交流員の活用について           (1) 県庁に配置されている国際交流員の活動内容と効果はどうか。                (2) 本県におけるスポーツ振興を図る上で、スポーツ国際交流員を活用することについてどのように考えているのか。

 県警では信号機や横断歩道の新設など交通安全施設の整備をどう進めているのか。また、道路管理者との連携をどのように行っているのか。

ありがたいお心を県につなぐ

【12月5日(水)】  本日から県議会も質問戦に入りました。 12月10日(月)は私も登壇する予定です。  今日は本会議終了後、この夏の避難所へ無償提供して頂いていた「オゾン脱臭器」を引き続き県で利用してくださいと、三友商事(株)さんから県への贈呈式に同席致しました。臭い、インフルエンザなどの除菌に効果を発揮するもので、県立中央病院や、愛媛療育センターなどで活用させていただきます。 避難所への設置やメンテナンスでお世話になった相中組さん、マミーハウスさんにも感謝申し上げます。

休耕田の活用を考える

【11月7日(水)】休耕田を活用 今まで休耕田だった田にユーカリを植えました。少しずつ空いた時間で準備してきましたが、今日は1日かけて植え付けをしました。土を作り、畝を作り、マルチを張って、穴を開け、苗を植えてと色々とやってみてその大変さが良くわかりました。 植えた以上は育ってくれるのを楽しみに大事に世話をしていきたいと思います。

秋の恵みに感謝

【10月8日(月)】秋の恵み 機能のお祭りの影響が肩や足に残る中、「第6回オープントーナメント愛媛県空手道選手権大会」にてご挨拶。迫力ある一般の部の試合を三試合見て、名残惜しかったけれども、帰宅。 稲刈り開始。長男も大きくなり、お手伝いしてくれます。少しは楽ができるかなー

がんと闘う人と想いを一緒に

【9月29日(土)】
リレーフォーライフ参加
今年のリレーフォーライフに「県議会がん対策推進議員連盟チーム」として参加。台風の影響で明日の朝までの予定を20時までに変更しての開催です。
がんは二人に一人が罹患する時代ですが、早めの検診と早期発見、治療が大切です。
がんを経験された方やご家族など、色々な方への想いを寄せ合いながら歩いています。

お祭り近し

【9月26日(水)】お祭り近し
各分館で子供達の獅子舞練習が真っ盛り。太鼓の音が聞こえてきてお祭りが近くなったことを実感。
各分館へ激励に回り、子供達が伝統を受け継いでくれることを期待してご指導してくれている皆さんに感謝を伝える。
お祭り好きの我が家の子供も、上の子二人は塾に、一番下が獅子舞の練習。週末の獅子舞競演会がお天気で心配ですが、本番に向けて頑張ろう❗️

感謝の気持ちで

【9月17日(月)】

敬老の日の今日は各地で行われた敬老会へご挨拶に回りました。

これまで地域を支え、育んで頂いた皆様に感謝の言葉を伝え、私たちの世代の責務として、平和で豊かな日本を次の世代へ引き継いでいくよう取り組んでいくことをお話しいたしました。

自民党総裁選公開討論会

【9月14日(金)】

日帰りで上京し、県連青年部長として総裁選挙公開討論会へ参加してきました。安倍候補、石破候補お二人の所信をお聞きしました。また会場からの質問にも丁寧に答えられていて、充実した討論会でした。

憲法改正についてお二人のスタンスが少し異なっていました。安倍候補は「憲法改正に取り組む時が来た」と意気込みを示し、石破候補は「国民の議論を深めていきたい。戦争を経験していない者だけでするべきではないが、スケジュールありきではない」とのことでした。

また国際社会での日本のリーダーシップ、経済再生などをアピールした安倍候補に対して、石破候補は地方の事例を挙げながら国民一人一人の所得を上げることが大事と訴えておりました。

実質、国のリーダーを選ぶこの総裁選の議論に、皆さんにも是非関心を持っていただき、一緒に考えていただけたらと思います。