スペイン視察報告

愛媛県議会からの派遣で、5月22日から一週間の予定でスペインへ視察。世界遺産の巡礼の道の最終目的地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂にてミサに参加。信仰の尊さ、深さ、歴史、伝統等、言葉は通じませんでしたが肌で感じるものがありました。
ミサを終えて、巡礼の道を管理するシャコベオ代表のラファエルさん、ガリシア州観光局長のナバさん、州議会議長のミゲルさんなどと活発な意見交換を行いました。ガリシア州では2021の聖年に向けてイベントなどを企画し、いかに盛り上げていくかを検討していくとの事でした。
公金を出資して巡礼の道を管理するシャコベオでは25キロ毎を目安に公の簡易宿泊所のアルベルゲを整備し、巡礼者の宿泊所の確保と、道の清掃などに力を入れるそうです。一定の宿泊所を作った後は民間の力を活用し、それぞれの地域の活性化を図っていきたいとの考えを聞かせて頂きました。四国88ヶ所のお遍路を世界遺産に登録するために、四国とガリシア州では協力協定を結んでいますが、実のあるものにするためにもっと交流を深め、必要な手続きや整備などのできるアドバイスは何でもしますとの申し出もあり、今後の活動へ繋げていきたいと感じました。
スペインの経済情勢、カタルーニャ州の独立問題など幅広い分野の意見交換ができ大変有意義な初日でした。

また視察2日目はサンティアゴからモリナ・セカへ移動。アルファンソ町長との意見交換、街を歩きながらの説明、質疑を行いました。
スペインも少子化が進み、地方の町や村では人口減少が止まらない中、モリナ・セカは巡礼の道があるから人口減少が緩やかで存続できているとのこと。また、町の資料館では四国遍路を紹介してくれているブースがあり、巡礼者が日本の遍路に関心を持って行く人もいるそうです。
四国遍路を経験した人の話として、安く泊まれる宿泊施設を整備することが必要だとの声があると紹介されました。町が土地を貸して、民間で管理されている簡易宿泊所のアルベルゲも見させて頂きました。
また本日はマドリードへ移動し、日本大使館での公使、書記官との意見交換を行いました。世界から見る日本の現状をお聞きして、将来へ向けた様々な議論することが必要だと感じました。
また、四国遍路の世界遺産登録に向けては日本人的発想だけでは難しい問題もあり、先進地などの意見も取り入れることの重要性を御指摘頂きました。その他にも様々な角度からのお話をお聞かせ下さり大変参考になりました。

第85回自由民主党大会

第85回自由民主党大会に出席致しました。安倍総理から力強くこの日本を引っ張っていく決意と、将来の日本への想いをお聞きして、私も地域のため、人のために全力で取り組んでいこうと決意を新たに致しました。

愛媛県議会一般質問に登壇

本日県議会一般質問に登壇致しました。
今回は
1、ボランティアの育成等について
2、防災減災対策について
3、自主防災組織の育成支援について
4、医療的ケア児に対する支援にどう取り組んでいくのか
5、サイバー空間の脅威に対する取り組みについて
以上5項目について質問致しました。
詳しくは後ほどホームページでさせて頂きますが、
地域での活動で今後県として取り組んでいくべきと
感じたものを質問させていただきました。
今後とも色々なお声をいただきながら、地域の発展のために
全力で取り組んでまいります。

質問文は

http://www.matsuo-ehime.com/wp/?p=137

をご覧ください。

祭り終わって肩が痛い

秋祭りも終わり、声が枯れたり、肩が痛かったりの朝を迎えた人も多いのではないでしょうか。
私も地元三熊野神社の神輿で大いに楽しみました
伝統を守っていくことの大切さ、大変さを感じながら今後も地域全体でお祭りを盛り上げていきたいと思います。
今日からは気持ちを切り替えてまた仕事

県政報告会を開催

昨日は私の県政報告会を開催させて頂きました。
暑い中、お疲れのところ大勢の皆様にご参加いただき、賑やかに開催することができました。ありがとうございました。
日頃の県議としての取り組み、6月議会での一般質問を踏まえての報告、日々の活動を通して感じていることなど諸々ご報告させて頂きました。
多くの皆様のお支えがあっての議員活動であり、ご期待に応えるべくさらに精進していくことを改めて誓いました。
これからも頑張ります
今日も暑くなりそうです。
PTAの研修会、平井商店街夜市、各所の盆踊りと今日も触れ合いを楽しみながら過ごしたいと思います。

平成29年愛媛県議会6月議会一般質問

本日県議会での一般質問に登壇いたしました。
初当選以来回数を重ねてきましたが、何度やっても緊張しますが、自分なりに勉強をして質問することができました。
お昼のNHKニュースでも取り上げて頂いたようです。
今回は
1.女性活躍推進について、どのように展開するのか。
2.教員の多忙化解消に向け、民活運動部活動支援事業にどのように取り組んでいくのか。
3.私立幼稚園の人材確保支援について
4.がん対策の取り組みと、次期計画の検討をどう進めるのか。
5.GLOBALG.A.P等の認証取得について
6.JR松山駅付近連続立体交差事業の今後の見通し
7.松山外環状道路の整備状況と国道33号から国道11号の区間についての今後の取り組みについて
の7項目について質問いたしました。
詳しくは後日ホームページでもご報告させていただきます。
今後とも地道に頑張ります

外環状線の早期事業化を!

5月29日30日と上京して勉強会、要望活動をして帰って来ました。
国土交通省では「道路を取り巻く最近の情勢」について説明を受け、厚生労働省では「我が事、丸ごとの地域共生社会の実現に向けて」の勉強会を行いました。
また、松山外環状道路の33号線から11号線までのインター東線を来年度事業化して頂くべく、塩崎大臣同席のもと、石井国土交通大臣、田中副大臣、事務次官へ要望して参りました。県も市も、我々地方議員も、地元選出の国会議員もそれぞれの立場でできるアプローチをし、国に対してその事業の必要性を訴えることが大切です。そして地域にとって良い結果を生み出すことが政治の責任だと思います。
そして今日は国土交通省で空き家対策、文科省で私立幼稚園の人材確保策についてレクを行いました。
愛媛に持ち帰りひとつひとつ結果を求めていきたいと思います。

地元の皆さんへの県政報告

昨日の夜は地元、五楽地区で県政報告会、新春の集いを開催致しました。今年で3回目となり、引っ越して来た私からすると、地元でこういった会を開催して頂けるのはありがたいことで感謝で一杯です。
私から昨年1年間の活動報告をさせて頂き、地域の取り組みなども説明しました。
懇親会では大いに盛り上がりました。
期待してくれる多くの皆さんを裏切らないよう地道にコツコツ頑張りたいと思います。

地域の声を形にするために

昨日の夕方、地元平井商店街にて街灯について打ち合わせ。
塩崎事務所の後輩の岡市議にも協力してもらい、松山市の職員、商店街関係者と一緒に今後の方向性について意見交換。
すずらん通りとして地域に親しまれてきた鈴蘭の形をした街灯ですが、個人が電気代などを負担してきて、商店も閉めてしまった所が増え、今迄通りの負担ができなくなってきた。そこで全ての街灯を撤去してしまうとの流れでしたが、これまで土曜夜市や女神輿の秋祭りなど、小野地区に根付いている行事も行えなくなる事を惜しむ声もあり、何とか一部の街灯でも残すことができないか検討してもらうことになった。
越えなければならないハードルは高いが地域で力を合わせて乗り越えて行きたい。
打ち合わせの後、小野地区交番連絡会に出席。警察との連携について議論のなか、小学校のPTAからも防犯上の観点から商店街の街灯の存続を望む声あり。
地域力を発揮して頑張ろう

子ども議会で議論

昨日はNPO法人NEXT CONEXIONが開催した、小中高生対象のこども議会にゲストで呼んでいただき参加いたしました。
模擬議会形式で決められた議題に対して賛成、反対の立場で議論し、最後に賛否の評決を行うまでを体験していました。
私も議論の中に入り、質問する際の考え方や、議論の道筋を立てるお手伝いを致しました。
参加していた子供達が活発に議論して、終わってから参加して良かったとの感想を述べてくれたことは大変嬉しかったです。
子供達が政治に、将来に夢の持てる活動をしなければと改めて考えさせられた貴重な時間となりました。